試験運用してみたい

藤井龍仙担当のホームページ部では、事務局からの相談ということで、審査システム、展示システムなど、総合展覧会システムを勝手に作成中なのですが、いよいよ完成が近づいてくるに寄せて、「これは、ぜひとも試験運用してみたい気持ちで一杯なコロナ禍(広島は緊急事態宣言下です)です。

みなさんの書道教室は盛況でしょうか?

わたくしの教室では年配者の欠席が多く、意外にコロナ禍の影響を食らっております。

ただいま、いろんな支援金などに耳ダンボ状態です。

随分空いてしまった

なんと2020年はブログ更新は1回もなし!というごめんなさいブログになってしまいました。

なんというか当協会でもコロナ禍の影響で第26回展が順延となり、ニュース記事の更新はしたもののブログのほうはさぼってしまいました。というかネタがなかったです。

で、令和3年2021年はというと先のニュース記事でも掲載しましたが、6月要項発送、9月審査、までは従来通りですけど、会期が年内に会場が確保できず来年1月の開催となっています。

展示、表彰式、祝賀会が寒い時期になりますので、お越しの際は十分ご注意くださいませ。

その前に、多数の出品をお待ちしてます。

そういえば、事務局長からシステムの相談を受けています。私がシステム屋さんの経験をもっているので「とりあえず聞いてみよう」のレベルのような気がしつつ、久しぶりにトニカクシステム病を発症してしまい、ドツボにはまりそうな勢いです(笑)

システムを組むかどうかは五里霧中ですが「今の環境ならこれくらいまでは可能かなぁ」の提案書を作成中です。提案書を作りつつ仕様書も作成しつつデータベースを構築しつつサンプルデータという名の本番データを準備しつつインターフェースを妄想して最新技術をチェックしています。

おそらく、スマホを使ったQRコード利用の展覧会制御システムになりそうです。

理事会が終わったので

新年度を控えて、理事会が開催され無事終了しましたので、スケジュールや審査員、実行役員&委員をアップしています。

今年は25回の記念展で盛大にと思っていたのですが、例年開催のキッセイ文化ホールが改装中になるということで、作品サイズも例年よりも小さめで、最小限の記念展とすることになりました。

残念ながら記念誌も作成されないとのことです。

それから、第41回書濤展(西村水穣先生社中展)と第39回刻字書展(宮澤梅径先生社中展)の案内もアップしています。

24回展の出品規定をアップしました。

第24回展の出品規定が
正式に届きましたので、
アップしておきました。
一般公募はこちら
会員はこちらです。

ついでに、
トップタイトル画像も入れ替えておきました。

今年もたくさんの出品をお待ちしてます。
学生部はまだ届いていないので、
後程アップします。

今年は第24回展です

皆さん、ご無沙汰しているサイト管理者の藤井龍仙です。
今年平成30年の長野県現代書藝展は
第24回になります。
来年は早くも5年ごとの記念展です。

というわけで、
理事会運営委員会が先日終了しましたので、
いろいろとアップしています。
本年もよろしくお願いします。

公募、会員の受賞作品と役員作品をアップ完了

授賞式の直前になってしまいましたけど、
ようやく、一般公募、委嘱会員、審査会員の受賞作品と
主要審査会員、役員の作品をアップしました。

検索欄をうまく使ってもらえると
いろんな検索ができますよ。

タイトルの回数の次の数字は賞番号のようなものです。

学生部の作品はもう少し待ってくださいね。